のし紙は二次会の景品としては堅苦しくならない様に

「のし」は正式には「のしあわび」といい、右上の飾りに
貝のアワビをのして使った事からこう呼ばれるようになりました。

冠婚葬祭などにかならず使用されるのし紙ですが、
慶事や弔辞にお金を包むものもあれば、お中元や
お歳暮に貼りつけるものなどがあります。嫌がられない

二次会のイベントに使う場合ですが、あまり立派なものだと
中身が伴わなかったり、盛り上げるためには仰々しく
なったりしますので、貼りつけるタイプのもので十分です。

またこの場合は、順位や中身を水引の上に書いて、
下に提供す側を記載するのが正式な書き方になります。

しかしながらイベントとしての2次会ですので、それほど
形式にこだわることもないと思われます。盛り上がり方

なお、結婚式の二次会やゴルフコンペの景品には
「紅白蝶結び」で、忘年会や新年会などには「蝶結び」の
のし紙を付けるのが一般的です。

なお、最近では景品を専門に扱っている会社がありますので、
そこに相談すれば正しいのし紙の書き方や貼り方で
景品を準備してくれるところもあります。